【3月25日】サッカー国際親善試合・日本vs韓国の日程&放送予定|日本代表2021年初戦 [親善試合]日本vs韓国 テキスト速報 「日本は死に物狂いだ!」韓国メディアは日韓戦の“南野拓実vsイ・ガンイン”に注目!「魔法をかけるのはどっち?」 【3月25日】サッカー国際親善試合・日本vs韓国の日程&放送予定|日本代表2021年初戦 サッカー国際親善試合、日本代表(SAMURAI BLUE)対 韓国代表が3月25日、日産スタジアム(神奈川県横浜市)で行われる。日本代表は南野拓実ら海外組9選手のほか、Jリーグから14選手を招集。日本代表にとって2021年初の対外試合となる、韓国戦の放送予定を紹介する。 サッカー韓国代表最新メンバー、注目選手、日本代表との対戦成績は? 【サッカー韓国代表 最新情報】2021年3月25日に横浜で行われる国際親善試合・日本代表戦に臨む韓国代表メンバー、注目選手を紹介。日本代表との対戦成績は? 2021年3月25日(木)に日産スタジアム(横浜)で行われる国際親善試合・日本代表戦に臨むサッカー韓国代表の招集メンバーを紹介する。 いよいよ木曜日にキックオフされる、日本代表vs韓国代表の宿敵対決。コロナ禍での開催を巡っては両国内でさまざまな意見が飛び交ったが、すでに両チームとも現地入りして精力的に調整を続けており、ここに来て俄然、決戦ムードが高まっている。  そんななか、韓国全国紙『朝鮮日報』がひとつのマッチアップに着目した。森保ジャパンが誇る攻撃の急先鋒・南野拓実と、韓国サッカー界の若き至宝であるイ・ガンインの対決だ。同紙は次のように論じている。 「イ・ガンイン対ミナミノは韓日戦において核となるマッチアップだ。ソン・フンミンやファン・ウィジョ、ファン・ヒチャンら攻撃の主軸が不在となった今回の韓国代表にあって、イ・ガンインは最大のスター。一方のミナミノも日本の攻撃を担うキーパーソンで、彼らふたりの役割は似通っている。ともに2列目中央(トップ下)で先発を飾る可能性が高いだろう。より攻撃に創造性をもたらし、魔法をかけられるのはどちらか。韓日戦で初めて実現するこのマッチアップが最大のハイライトだ」  やはりイ・ガンインへの期待値はすこぶる高いようで、「まだ国際Aマッチに3試合しか出場していない20歳だが、彼にとって韓日戦は、今後のパウロ・ベント体制を支えていけるかどうかの試金石になる。主軸たちがいない状況下で、本領発揮が望まれるからだ」と明言した。  かたや南野については「サウサンプトンへのレンタル移籍で見事に蘇った。本当に注意が必要だ」と警戒を強め、「2014年のU-19アジア選手権のグループリーグ最終戦で韓国は日本に1-2で敗れ、U-20ワールドカップへの道を断たれた。その試合で2点を奪ったのがミナミノだ。相性は良くない」と過去のエピソードを紹介した。ちなみにその大会は日本も日韓戦直後の準々決勝で敗北を喫し、世界行きを逃がしている。  もし日本が今回の横浜決戦でも敗れれば、対韓国戦が3連敗となる。その事実を踏まえて同紙は最後に、「日本は死に物狂いで来るだろう。強い意志で戦いに臨むはずだ。なぜならライバルを相手に3連敗は許されない結果であり、Jリーグが誕生してからでは初の屈辱となるならなおさらだ」と伝えた。 日本サッカー協会(JFA)が3月23日に発表した韓国代表の来日メンバーは以下の通り。 若くから注目を浴びていた“韓国の至宝”が今シーズン、ようやく本領を発揮している。バレンシアでプレーするイ・ガンインは、ここまでラ・リーガで19試合に出場。得点こそないものの、4アシストを記録している。 クラブの契約延長が進まず、退団の可能性が報じられているものの、出場すれば華麗なテクニックを披露。違いを見せ続けている。 今回の招集ではソン・フンミンがハムストリングの負傷で離脱。イ・ガンインにかかる期待は大きいはずだ。 同じスペインでプレーする同世代・久保建英は、U-24代表に招集されたため対決は叶わなかったが、日本にとって注意しなければならない存在であることは間違いない。 今回の日韓戦に向けて、当初Jリーグからも4名が韓国代表に招集されていたが、ガンバ大阪のチュ・セジョンがクラブによる新型コロナウイルス検査の結果、陽性反応が出たため離脱している。 このため、チーム帯同するのはGKキム・スンギュ(柏レイソル)、GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)の3人となる。 また、過去にJリーグでプレーしていたチョン・ウヨン(元神戸・磐田・京都)やナ・サンホ(元FC東京)、イ・ジョンヒョプ(元湘南)、パク・チュホ(元磐田・鹿島・水戸)など、Jリーグでも馴染みの深いメンツもメンバーに名を連ねている。 日本代表vs韓国代表|日程・テレビ放送予定 日韓戦は、2021年3月25日(木)19:20に日産スタジアム(横浜)でキックオフ予定となっている。 テレビ放送は「日本テレビ系列」で全国生中継される。 日本代表の今後の試合日程・放送予定については、「サッカー日本代表|試合日程・結果・テレビ放送予定|2021年最新」でも詳しく紹介している。 日本代表と韓国代表は、隣国ということもあり過去に76回対戦。韓国が40勝23分13敗と大きく勝ち越している。 海外組を含めたベストメンバーで対峙したのは10年前の札幌での国際親善試合。香川真司の2ゴール、本田圭佑の1ゴールで日本が3-0で勝利している。ちなみに今回の日韓戦で招集された吉田麻也(サンプドリア)は、この日韓戦でフル出場を果たしていた。 韓国代表は2020年11月にオーストリア遠征を行っており、メキシコ、カタールと対戦した。 11月15日に行われたメキシコ戦は、前半にファン・ウィジョのゴールで先制したものの、後半メキシコに一挙3ゴールを献上。87分にクォン・ギョンウォンが一矢報いたが、2-3で敗れている。 一方で、11月17日に開催されたカタールとの一戦は、ファン・ヒチャンとファン・ウィジョのゴールで2-1の勝利を収めている。 サッカー日本代表、U-24日本代表(東京五輪世代)の試合日程、テレビ放送予定については、以下の記事でも紹介している。